<基本情報>


『ジャパンライムのバレーボール指導者向けDVD!!』




■指導・解説:工藤 憲

(北星学園大学教授・公益財団法人日本バレーボール協会公認講師・公益財団日本体育協会マスター上級コーチ・日本小学生バレーボール連盟副会長・江別中央バレーボール少年団総監督)

■実技協力:江別中央スポーツ少年団(男子:江別中央ガッツ/女子:江別中央ジャンプ)




小中学生指導の必携バイブル!

-----スキルアップドリルには
「正しい動き」が身につく
「様々な角度」からのドリルが
たくさん詰まっています-----






バレーボールを始める選手に1から指導を行うことは、大変やりがいがあることではありますが、大きな責任を伴うものです。

怪我なくプレーをするためにも、次のカテゴリーでバレーボールを続けるためにも、「楽しく」スキルを身に付けることが絶対に必要になります。ただし、そのスキルをいかに「正しい動作」で身に付けるかということも、ジュニア期には必須になってきます。

本作品は、「わかりやすく、楽しい指導を」というテーマで発刊された書籍『小学生バレーボールの指導者を目指す人の「必携バイブル」スキルアップドリル』(日本文化出版)を基に映像化を行い、細分化すると300を超えるドリルを収録しています。実際に選手に指導しながらドリルを紹介しているので、「声かけ」なども含めて参考になるポイントばかりです。

小学生だけでなく、中学生にも必ず役立つドリル集です。ぜひご覧になってみてください!




<各巻詳細情報>


<【第1巻】コーディネーション&サーブ編>


自分の体やモノを巧みに操るための「コーディネーション能力」がないと、いくら技術指導をしてもなかなか効果は上がりません。ここではそういった能力を育てるトレーニングを紹介しています。

また、バレーボールにおいてサーブは不可欠なスキルですが、ひとりで練習できるスキルだけに悪い癖もついてしまいがちです。そうならないための様々なドリルを紹介します。





■イントロダクション

■コーディネーショントレーニングを学ぼう!

■サーブにチャレンジしてみよう!

■指導者へのメッセージコラム(1)

(82分)



<【第2巻】オーバーハンドパス&パス力編>


オーバーハンドパスを教える際に、現代の子どもたちに多くなってきている問題が「キャッチパス(ホールディング)」です。
はじめから「高く・遠くへパスする」という教え方をするのではなく、「バネの力の伝導」を理解させることでキャッチパスは必ず改善します。

正しく覚える、そして正しく修正するためのドリルが詰まっています。また、「パス力」とは、ただパスを遠くに飛ばすだけの力のことではありません。
パスをする前の動き、そしてパスをした後、また次の動きにうつることなども「パス力」のひとつです。様々なパス力を鍛えるドリルを紹介しています。





■イントロダクション

■オーバーハンドパスをマスターしよう!

■パス力を身に付けよう

■指導者へのメッセージコラム(2)

(83分)




<【第3巻】セッター&アンダーハンドパス編>


セッターはチームの大黒柱となる重要なポジションです。どの選手がいいのか、どんな練習をさせたらいいのかお悩みの指導者にとって指針となる様々なドリルを紹介しています。

また、正確なアンダーハンドパスを身に付けるためのドリルも基礎中の基礎からご紹介します。





■イントロダクション

■セッターのためのトスドリル

■アンダーハンドパス~レシーブのドリル

■指導者へのメッセージコラム(3)

(77分)



<【第4巻】レセプション&ディグ&実戦的レシーブ編>

「正しい位置で」「正面で」ボールをレシーブすることは重要ですが、それが可能なボールばかりが来るわけではありません。

ともすれば「正面で」という意識ばかりが先行して取れるボールをミスしてしまうこともあります。大事なのはボールが腕や手に当てる瞬間にどう対応できるかです。
様々なボールに対して様々な対応ができるようになるドリルをご紹介します。



■イントロダクション

■レセプション(サーブレシーブ)のドリル

■ディグ(レシーブ)のドリル

■「回転レシーブ」「パンケーキ」

■指導者へのメッセージコラム(4)

(93分)




<【第5巻】スパイク(1)編>


スパイクを決めることはバレーボールの醍醐味です。だからこそ全員ができるようになってほしいスキルですが、一番難しいスキルでもあります。
身に付けるためにはスパイクの動きを細分化して、ひとつずつ丁寧に身に付けることが大事です。

ここでは正しい「バックスイング→スイングの動き」と「コートの縦・横への打ち分け」についてのドリルを中心に収録しています。






■イントロダクション

■スパイクをマスターしよう!(1)

■指導者へのメッセージコラム(5)

(59分)




<【第6巻】スパイク(2)&ブロック編>


ここでは、スパイクの「ステップ」と「空中姿勢」、そして「クイック」や「ハイセット」の打ち方を中心にご紹介しています。

また、ジュニアでは練習にあまり時間を割かない傾向にあるブロックですが、チームにとって攻撃の、そして防御の「武器」になるスキルです。
チームに落とし込むための考え方や構えの基礎からドリルを紹介しています。





■イントロダクション

■スパイクをマスターしよう!(2)

■ブロックをマスターしよう!

■指導者へのメッセージコラム(6)

(90分)

2016.7



◆消費税についてのお知らせ◆
(1)現在の価格表示は消費税8%の税込価格です。
(2)[カタログ画像について]2014年1月発売以前の商品で、カタログ画像の値段表記が内税表記のものは、5%表記です。正しい値段は商品ページの値段になりますのでご注意ください。


<基本情報>


『ジャパンライムのバレーボール指導者向けDVD!!』




■指導・解説:工藤 憲

(北星学園大学教授・公益財団法人日本バレーボール協会公認講師・公益財団日本体育協会マスター上級コーチ・日本小学生バレーボール連盟副会長・江別中央バレーボール少年団総監督)

■実技協力:江別中央スポーツ少年団(男子:江別中央ガッツ/女子:江別中央ジャンプ)




小中学生指導の必携バイブル!

-----スキルアップドリルには
「正しい動き」が身につく
「様々な角度」からのドリルが
たくさん詰まっています-----






バレーボールを始める選手に1から指導を行うことは、大変やりがいがあることではありますが、大きな責任を伴うものです。

怪我なくプレーをするためにも、次のカテゴリーでバレーボールを続けるためにも、「楽しく」スキルを身に付けることが絶対に必要になります。ただし、そのスキルをいかに「正しい動作」で身に付けるかということも、ジュニア期には必須になってきます。

本作品は、「わかりやすく、楽しい指導を」というテーマで発刊された書籍『小学生バレーボールの指導者を目指す人の「必携バイブル」スキルアップドリル』(日本文化出版)を基に映像化を行い、細分化すると300を超えるドリルを収録しています。実際に選手に指導しながらドリルを紹介しているので、「声かけ」なども含めて参考になるポイントばかりです。

小学生だけでなく、中学生にも必ず役立つドリル集です。ぜひご覧になってみてください!




<各巻詳細情報>


<【第1巻】コーディネーション&サーブ編>


自分の体やモノを巧みに操るための「コーディネーション能力」がないと、いくら技術指導をしてもなかなか効果は上がりません。ここではそういった能力を育てるトレーニングを紹介しています。

また、バレーボールにおいてサーブは不可欠なスキルですが、ひとりで練習できるスキルだけに悪い癖もついてしまいがちです。そうならないための様々なドリルを紹介します。





■イントロダクション

■コーディネーショントレーニングを学ぼう!

■サーブにチャレンジしてみよう!

■指導者へのメッセージコラム(1)

(82分)



<【第2巻】オーバーハンドパス&パス力編>


オーバーハンドパスを教える際に、現代の子どもたちに多くなってきている問題が「キャッチパス(ホールディング)」です。
はじめから「高く・遠くへパスする」という教え方をするのではなく、「バネの力の伝導」を理解させることでキャッチパスは必ず改善します。

正しく覚える、そして正しく修正するためのドリルが詰まっています。また、「パス力」とは、ただパスを遠くに飛ばすだけの力のことではありません。
パスをする前の動き、そしてパスをした後、また次の動きにうつることなども「パス力」のひとつです。様々なパス力を鍛えるドリルを紹介しています。





■イントロダクション

■オーバーハンドパスをマスターしよう!

■パス力を身に付けよう

■指導者へのメッセージコラム(2)

(83分)




<【第3巻】セッター&アンダーハンドパス編>


セッターはチームの大黒柱となる重要なポジションです。どの選手がいいのか、どんな練習をさせたらいいのかお悩みの指導者にとって指針となる様々なドリルを紹介しています。

また、正確なアンダーハンドパスを身に付けるためのドリルも基礎中の基礎からご紹介します。





■イントロダクション

■セッターのためのトスドリル

■アンダーハンドパス~レシーブのドリル

■指導者へのメッセージコラム(3)

(77分)



<【第4巻】レセプション&ディグ&実戦的レシーブ編>

「正しい位置で」「正面で」ボールをレシーブすることは重要ですが、それが可能なボールばかりが来るわけではありません。

ともすれば「正面で」という意識ばかりが先行して取れるボールをミスしてしまうこともあります。大事なのはボールが腕や手に当てる瞬間にどう対応できるかです。
様々なボールに対して様々な対応ができるようになるドリルをご紹介します。



■イントロダクション

■レセプション(サーブレシーブ)のドリル

■ディグ(レシーブ)のドリル

■「回転レシーブ」「パンケーキ」

■指導者へのメッセージコラム(4)

(93分)




<【第5巻】スパイク(1)編>


スパイクを決めることはバレーボールの醍醐味です。だからこそ全員ができるようになってほしいスキルですが、一番難しいスキルでもあります。
身に付けるためにはスパイクの動きを細分化して、ひとつずつ丁寧に身に付けることが大事です。

ここでは正しい「バックスイング→スイングの動き」と「コートの縦・横への打ち分け」についてのドリルを中心に収録しています。






■イントロダクション

■スパイクをマスターしよう!(1)

■指導者へのメッセージコラム(5)

(59分)




<【第6巻】スパイク(2)&ブロック編>


ここでは、スパイクの「ステップ」と「空中姿勢」、そして「クイック」や「ハイセット」の打ち方を中心にご紹介しています。

また、ジュニアでは練習にあまり時間を割かない傾向にあるブロックですが、チームにとって攻撃の、そして防御の「武器」になるスキルです。
チームに落とし込むための考え方や構えの基礎からドリルを紹介しています。





■イントロダクション

■スパイクをマスターしよう!(2)

■ブロックをマスターしよう!

■指導者へのメッセージコラム(6)

(90分)

2016.7



◆消費税についてのお知らせ◆
(1)現在の価格表示は消費税8%の税込価格です。
(2)[カタログ画像について]2014年1月発売以前の商品で、カタログ画像の値段表記が内税表記のものは、5%表記です。正しい値段は商品ページの値段になりますのでご注意ください。
コメント欄について
いつもコメントありがとうございます。コメント欄はご自由に書き込んで頂いて結構ですが、不適切な書き込みがあった場合は管理人の判断で、コメントの削除をさせて頂く場合がございます。皆様が快適にご利用いただけるように、ご協力をお願い致します。

941-S 全6巻] 指導歴45年!工藤憲先生の「スキルアップドリル」DVD~「正しく」「楽しく」「上達する」最新ドリル集~[バレーボール-その他

941-S 全6巻] 指導歴45年!工藤憲先生の「スキルアップドリル」DVD~「正しく」「楽しく」「上達する」最新ドリル集~[バレーボール-その他

941-S 全6巻] 指導歴45年!工藤憲先生の「スキルアップドリル」DVD~「正しく」「楽しく」「上達する」最新ドリル集~[バレーボール-その他